トリックは、こうして生まれる?

S氏の推理小説的日常

私の飲み友達のS氏は、現在、「フェイク・ワールド」、「笑う猫」という2冊の推理小説を世に出している。これらの小説の中には、それぞれ読者を巧みに誘導する、推理小説的トリックがほどこされているのだが、果たしてS氏は、どのような思考回路を経て、それらを生み出したのか。それを知る手掛かりとして、S氏の日常を垣間見ていく……

近日スタート、予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました