推理小説の読み方を指南する絵画

S氏の推理小説的日常

友人の画家が、不思議な油絵を描いた。囲碁の棋譜の黒と白の石に色をつけたのだ。それも、ただ色をつけたのではなく、この色のパターンには法則性があって、その法則性を見つけ出せば、碁石を打っていった順番が判るようになっているのだそうだ。

推理小説も事件の解決に向かうために、事件を解く法則―動機、犯人、凶器などを、見つけだしていかなければならない。ちなみに、この絵の題名は、「5(碁)Colors」、副題は「推理小説の読み方」なのだそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました